老犬 ウンチの出し方
老犬がもう「自力で歩けない」ようになってくると困るのがウンチです。
そこで老犬?飼い主さんに知っておいて欲しいのが「老犬のうんちのい出し方」です。
老犬になると便意をなかなか催さなくなってくるので
優しくマッサージしてあげて
便意を促す方法を知っておきましょう。

自力で出せない老犬のウンチの出し方|優しくマッサージしてあげてみて

老犬 うんち 出ない マッサージ
老犬がうんちをあまりしなくなった・・・
そんな時にはお腹をや市くマッサージしてあげてみてください。
顔側からお尻側に向かって軽く押しながら刺激を与えます。
そうすれば老犬の腸の中に溜まっているウンチが肛門へと移動しやすくなります。

お腹の部分を顔側からお尻側へ優しくマッサージしてあげると肛門付近がプクッと膨らんできます。
これが腸の中のうんちが肛門まで移動してきた兆候でもあります。
そうなると今度は尻尾を軽く持ち上げて。親指と人差し指で肛門のふくらみをつまんで外に押し出すようにしてあげましょう。
このあたりは次の動画が参考になります。

【マッサージで老犬のうんちの出し方解説動画】

老犬が歩けなくなったらウンチの出し方も知っておこう

老犬 歩けない

老犬が歩けなくなってきたら、ぜひ「老犬のうんちの出し方」もマスターしておいてください。
なぜなら今はまだ自力でうんちができても、
そのうち自力でうんちができない?
という状況もやってくる可能性があるからです。

散歩にも行かない
歩けない
そんな状態が続くと、老犬?体力・筋力も落ちてきてうんちで力むことも難しくなるからです。

排便のためのマッサージを行ってから散歩に連れて行く

老犬 うんち
老犬になってくると散歩の時間も短くなっていることでしょう。
散歩に連れ出しても
歩き出さない
帰ろうとする
そんな仕草を見せませんか?

できれば散歩前にうんちのためのマッサージをしてあげませんか?
散歩前にウンチのためのマッサージを行っておけば、それだけ腸の中のウンチが校門付近まで移動します。
その上で散歩に連れ出せば、
ウンチをマッサージ効果
散歩というシグナル(散歩=トイレうんちの習慣が身についているはず)
でうまくウンチができるかもしれません。

老犬のウンチの状態も確認して


なんとか老犬のウンチを出してあげることができたのなら
老犬のうんちの状態も確認
しておいてください。

もしかしたらウンチの出ない下人が「便が硬い」ことかもしれません。

硬いうんちならば、獣医師と相談して下剤も与えるべきかもしれません。

老犬の「うんちがしたい?」素振りを見逃さない

ウンチの出ない老犬であっても、もしかしたら便意を感じているかもしれません。

長年連れ添った可愛い相棒です。
そんな固い絆で結ばれた老犬と飼い主ですからちょっとした変化にも気づくはずです。
老犬の
「表情」
「陰部の動き」
「もぞもぞしている仕草:
そんあことから
「あっ?うんちひsたいのかな?」
なんて気づくはずです。

そんな情居を見つけたら、ぜひ老犬のウンチを出すために
マッサージしてあげる
散歩に連れ出す
チャンスにしてください。